1. ホーム
  2. お問い合わせ
  3. 無償試用版お申し込み

glan system 無償試用版申込はこちらから

glan system90日間無料お試しはこちらから!

無償試用版について

  • 無償試用版は最大3ヶ月間、全ての機能をご利用いただけます。
  • 無償試用版では、ユーザーアカウント数は5つまでに制限されております。
  • 無償試用版のご利用中は、メール、電話によるサポートのみとさせていただきます。
  • 無償試用版をご利用後、継続してお使いいただく場合は、ご契約後、有償ライセンスを設定してご利用いただけます。
  • 無償試用期間が終了後、有償契約に移行されない場合は1ヶ月間のみデータを保管し、その後、削除させていただきます。
  • サーバーの設定に複数営業日数いただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • お申し込みが集中した場合は、先着順に設定いたしますが、サーバーの容量がオーバーした場合はご提供できない場合がございます。
  • お申し込みの設定内容によっては、システム動作条件を満たせず、ご利用いただけない場合があることをあらかじめご了承ください。
  • 下記の利用規約にご同意の上、お申し込みください。

利用規約

本利用規約(以下「本規約」という)は、オペレーションシステム・ソリューションズ株式会社(以下「弊社」という)が提供するglanシステム(以下「本システム」という)の利用者に適用となるものです。利用者は本利用規約に同意の上、お申し込みご利用するものとします。

第1条(定義)
本システムには、コンピュータプログラムの他にアップデート変更分、およびドキュメント(マニュアル等)を含むものとします。
第2条(使用許諾)
  1. 本システムは、著作権法をはじめ、その他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。 本システムに関する権限、著作権、あるいはその他の知的財産権は弊社または弊社に対して権利を許諾した第三者に帰属しています。
  2. 本システムは、日本国内に住居を有する利用者に対して、日本国内での利用でのみご提供するものです
  3. 本システムにかかる使用権は、譲渡不能、再許諾不能、担保提供不能である。
第3条(本規約の適用および変更)
  1. 利用者は新規利用、および利用継続中において、本規約に同意されているものとみなします。この本規約に同意いただけない場合には、本システムを利用することができません。
  2. 弊社は、利用者の了解を得ることなく本規約をいつでも変更、追加、削除することができるものとします。この場合、変更後の本規約は本システムのウェブサイト上に掲示した時点より効力を発するものとします。
  3. 本規約の変更があった場合、弊社が合理的と判断する方法により利用者に通知します。本規約に変更がなされたことが通知された後に利用者が本システムの利用を継続した場合は、本規約の変更を承諾したものとみなします。
第4条(制限事項)
  1. 利用者は、本システムの一部又は全部を第三者に公衆送信、譲渡、再使用許諾、貸与等することはできない。
  2. 利用者は、本システムを、犯罪的行為に結びつく利用目的、公序良俗に違反する利用目的、その他第三者の権利を侵害するような利用目的で使用してはいけない。
  3. 利用者は、弊社の事前承諾なく、本件ソウトウェアの全部又は一部を複製、翻案、翻訳、改変その他これらに類する行為を行うことはできない。
  4. 利用者は、本システムの全部又は一部について、リバースエンジニアリングによる解析を行うことはできない。
  5. 利用者は、弊社の承諾なしに本システムの利用者として有する権利を第三者に転売、再販売、譲渡、使用、もしくはこれに類する行為、または質権の設定等その他担保に供する行為等はできない。
  6. 利用者が登録したIDおよびパスワードは利用者のみが使用することができ、他の本システム利用者または第三者に使用させること、譲渡すること等は一切できません。
第5条(秘密保持及び個人情報の保護)
  1. 弊社は、本規約の履行に関して利用者の情報または資料は、弊社の同種の秘密情報または資料にすると同一の注意をもって当該情報または資料の秘密を保持するものとします。
  2. 前項の規定にも関わらず次の各号の一に該当する情報または資料については、弊社はこれを秘密として取り扱う必要はないものとします。
    • (1) 一般的に入手できるもの
    • (2) 弊社が既に保有しているもの
    • (3) 弊社が本規約外で独自に開発したもの
    • (4) 弊社が第三者から適法に入手しうるもの
  3. 弊社は、利用者の情報等を、原則として利用者以外の者に開示、提供せず、本システムの提供のために必要な範囲を超えて利用しません。
  4. 弊社は、刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他同法の定めに基づく強制の処分が行われた場合には、当該法令及び令状に定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。
  5. 弊社は、警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者から照会を受けた場合、緊急避難または正当防衛に該当すると弊社が判断するときは、法令に基づき必要と認められる範囲内で利用者の情報等の照会に応じることができます。
  6. 弊社は、サーバ設備の故障その他のトラブル等に対処するため、利用者のデータを複写する場合があることを利用者は予め了承するものとします。
第6条(使用許諾期間)
無償試用版の提供期間は、弊社が利用者に対して本システムの設定通知後から90日間とします。また、無償試用版の提供期間終了後は、利用者と弊社の間で有償利用の契約を締結後、利用することができます。
第7条(その他権利の不取得)
弊社は、本規約に基づき利用者に対して、本システムの使用権のみを許諾するものとし、本規約に規定された場合を除き、本システムおよびその一切の派生物にかかる著作権、特許権その他の知的財産権ならびに所有権その他いかなる権利も付与するものではない。
第8条(危険負担)
本システムの利用開始後に生じたプログラムの滅失、既存、変質その他のいっさいの損害は利用者が負担するものとします。
第9条(保証)
  1. 弊社は無償試用版については、ユーザーマニュアルに記載している仕様どおりに稼働することを保証しない。なお、有償版については、弊社はユーザーマニュアルに記載されている仕様通りに稼働することを保証し、ユーザーマニュアル通りに稼働しない場合、弊社の選択により、本システムの候補、取り替え、または訂正を無償で実施することを保証する。また、有償版、無償版問わず、ユーザーマニュアルに記載されていない機能に関しては、保証せず、変更の義務はないものとする。
  2. 利用者は、本システムが定める以外の操作を行ってはならないものとする。上記にかかる操作を行ったことによる利用者の本システム利用に関する各種データの消失、漏洩については、弊社は一切の責任を負わない。
第10条(免責)
  1. 弊社は、本システムの内容、および、利用者が本システムを通じて得る情報、情報の利用により得た成果等について、その完全性、正確性、確実性、有用性、合法性等いかなる保証も行いません。
  2. 本システムの提供の遅滞、変更、中止若しくは廃止、または本システムを通じて登録、提供される情報等の流失若しくは消失等その他本システムの利用に関連して利用者に損害が発生した場合は、弊社の故意または重過失による場合を除き、一切責任を負いません。弊社の故意または重過失による損害賠償額については、有償版の利用者が弊社に支払ったシステム利用料金を限度として損害賠償責任を負うものとします。
  3. 弊社は、本システムの利用に供する装置、ソフトウェアまたは通信網の瑕疵、障害、動作不良、または不具合により、利用者に損害が生じたときであってもその一切の責任を負わないものとします。
第11条(損害賠償)
  1. 弊社は、利用者に対し、本システムの利用により発生した一切の損害について、原則としていかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする義務もないものとします。万一、弊社の故意または重過失が理由で利用者に損害が発生した場合は、有償版の利用者が弊社に支払った利用料金を限度として損害賠償責任を負うものとします。
  2. 弊社が利用者の登録、掲載した情報を削除し、利用者の資格を停止、抹消し、本システムを停止、中断、中止等したことにつき、弊社は事由のいかんを問わず一切の損害賠償義務を負わないものとします。
  3. 利用者が本システムの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、利用者は自己の責任と費用をもって解決し、弊社に損害を与えることのないものとします。この場合、第三者が弊社に対して責任を追及したために弊社が防御費用(弁護士報酬および訴訟費用を含む。)、損害賠償金の支払い、和解金の支払いその他の損害を被りまたは費用の支出をしたときは、利用者は、直ちに、弊社の損害および支出した費用を補償するものとします。
  4. 利用者が本システムが定める以外の操作により本システムの運営に影響が生じた場合、弊社は「威力業務妨害」等による刑事告発又は損害賠償の請求を行うことができるものとします。
  5. 利用者が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって弊社に損害を与えた場合、弊社は利用者に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。
第12条(解除)
  1. 利用者が本規約の条項又は条件に違反した場合、弊社は、本システムを終了することができます。その場合、利用者は本システムの使用を中止し、複製物をすべて破棄しなければなりません。
  2. 無償試用期間の終了後、あるいは有償版契約期間満了または解除により終了した場合、弊社は利用者の情報を削除することができます。
第13条(有効性および個別性)
本規約のいずれかの規定が向こうまたは違法であっても、本規約のほかの規定はそれになんら影響を受けることなく有効とする。
第14条(裁判管轄および準拠法)
本規約は日本国法を準拠法とします。本規約に関連または起因する紛争は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所としてこれを解決するものとします。
第15条(協議)
本規約に定めのない事項または、内容の解釈に疑義が生じた場合、信義誠実の原則に基づいて、利用者、弊社の間で協議し、円滑に解決するものとします。
  利用規約に同意する。